中国出張part1青島からイボウへ

スポンサーリンク

  晴天の青島はPM2.5が舞い、青空を遮断していた。 
イボウまで2時間の高速道路移動。韓国、タイも運転が荒かったが、中国はさらにえぐかった。まず 


中国人たちの必須アイテム電動自転車が道路を好き勝手に横断する。原チャでもなく、自転車でもない、動く自転車。音もなく急に出てくるので、恐怖です。

クラクションも誰かが鳴らすと誰かが鳴らす。9時現在でもクラクションの音が鳴っている。

車線という概念もなく、リアルマリオカート状態。隙間があれば入ってくる。順番という概念もないのだろう。


一転イボウに着くと晴天!空気もスッキリ。稀に見る感じで、いつもは霧のようらしい。写真はホテル8階から。とにかく、住宅は同じ形のマンションをどん!どん!どん!どん!と並べた感じ。


案外僕は嫌いではなく、むしろ雰囲気が良い。特に屋台や、商店街が多く立ち並び、何十年前、活気があったころの日本はこんな感じだったんだろうなぁーと考えさせられます。


ニュースでもやってましたが、本当に地面が抜けているところもあり、誰かの後ろを歩くことが鉄則!


  晩飯の薬膳鍋は写メ忘れたがまぁまぁ美味しくて満足。今のところ腹も壊してない!夜はあちこちからネオンのキツイ光が。夜市が軒を連ね若者たちが往来する。イボウがこんな都会だとは思ってもいませんでした。
まとめ

写真では伝わらないクラクションなどの騒音や、吸ってはいけない臭い、微粒子のように舞う肌のざらつき、常に危険察知をしなくてはならない道。なかなかスリリングで五感フル活用の面白い国です。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA