『レインツリーの国』有川浩 感想

スポンサーリンク

こんなおもんない小説は久しぶりだったのでガッカリだ。☆1

関西出身の男性が、ライトノベルの評論を書いた補聴器をつけた女性とチャットし、恋に落ちていく話。

まず関西弁が鬱陶しく、読んでいて関西人はこんなんじゃないし、関西弁も読んでて違和感が凄い。

そしてチャットの内容が気色悪い。こんな長文を送る奴はろくな奴じゃない。男女共にだ。

そして、特に山もなくハッピーエンド。時間がもったいなかった。

ジャニーズの玉森くんと西内まりやが実写化するらしいが、まず玉森くんはあんなコテコテの関西弁を使うのかが見所。B級の2人がどこまでC級に近づくかが見ものだ。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ブックカフェを作りたいと言っているのに
    他人が好きな本を貶すんですね。

    面白いモノの紹介だけで良いのではないで
    しょうか?

    好きな本が無いのは良いですが、貶される
    のであれば、絶対に行きたくないカフェ
    です。

    • koedakedekeiren より:

      個人的な価値観の問題なのであまり深掘りしたくありませんが、
      まず褒めてばかりのレビューを書いているブックカフェのオーナーに僕は魅力を感じません。
      また、素直な感情を表現する場としてこのブログを活用しているので、それをこんな表現しかダメと言える権利はあなたにはありません。
      そしてブックカフェには僕が面白いと思った本しか置きません。それまでの準備のブログですので悪しからず。
      ただ、このような表現をすると、こうゆう反応があるという勉強をさせて頂きました。今後の肥やしにしていこうと思います。貴重なご意見ありがとうございました^ ^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA