『ビッグフィッシュ』−人生はおとぎ話だ。幸福の価値観が一変する。

スポンサーリンク

1

【人生はおとぎ話だ。幸福の価値観が一変する。】

とても素敵な映画でした。

ティムバートンは個人的にあまり好きじゃないのですが、
ビッグフィッシュは本当に感動しました。

独特な世界観があり、現実と仮想空間を行ったり来たりするのだが、
その想像力がなんとも小気味よく、観ていて爽快だった。

人生とは物語を作ること。
父親の死を迎えるときに息子が理解したこと。

ビッグフィッシュとは一体なんだったのか。
最初と最後のシーンが上手く繋がり、伏線も回収していくまとまり感が秀逸だった。

奇麗な風景と、人間の想像力に挑戦した、
映画というジャンルに特化したティムバートンの名作と言える。

本当のことより、大切なことがある。
作り話で最期を迎える父より幸福な死はない。
人生はまるでおとぎ話だ。そう気づかされる幸福な映画。

【作中名言】

「捕まらない魚が、一番大きくなるのさ。」

「小さい川で育ったら、大きい魚と勘違いする。」

声音書房オススメの洋画一覧

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA