『コーヒー豆と紙の質感』

 平和紙業の展示会『森の点。』に行きました。

今回の展示会で一番目を引いたのが、紙の質感を表すためのコーヒー豆だった。

軽い紙、重い紙、渋い紙、大人の紙、淡い紙、カッコいい紙、ゴテゴテの紙、

これを

軽い豆、重い豆、渋い豆、、、、

とリンク付けし、そしてそのコーヒーを飲ませてくれる。

コーヒーを飲みながら、その紙を触る。すると、味覚と触覚と嗅覚とが結びつき、その紙の名前が離れなくなった。

コーヒーが持つ後味。これがなんとも記憶に残る。

この味はこの紙。紙とコーヒー豆というかけ離れたミッシングラインを紐つかせる。気づきの楽しさ+分かりやすさが心地良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA