『まほろ駅前多田便利軒』三浦しをん−幸福は再生する

1

【幸福は再生する】

どうも僕はこーゆう行天のような、ふらふらしながらも人情に熱く、決めるとこを決めて、
クールな男に惚れてしまう傾向があり、
それがさらに脇役で主人公を戸惑わせるような物語が鉄板級に面白いのです。

物語はまほろ市で便利屋を経営する多田の前に、同級生の行天が現れる。
行天が現れてからはめんどくさい事が立て続けに起こり、便利屋がまほろ市を走り回る物語。
多田が一人で便利屋をしている理由とは。行天の過去とは。

多田の過去は胸にきた。
正直すぎる告白はこうも辛くて悲しいものか。
怖くて仕方ない過去を未来に持ち越すと1人になる。
誰でも良いから幸福が再生するところを、示してあげなくてはならない。

【作中名言】
「愛情とは与えるものではなく、愛したいと感じる気持ちを相手からもらうことをいう」

声音書房オススメの小説一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA