『聖者の眠る街』−はかなく強い物たちを再確認できる。

スポンサーリンク

1

好きな映画ベスト5には絶対に食い込んで来る僕の大好きな映画。
初めマットデイモンと間違って借りたのだが、内容の秀逸さと完璧さに感動する。

ストーリーは
家をなくした青年マシューと、黒人ホームレスのジュリーが「自分たちの場所」を探し求める映画。
生きるという意味。奇麗なままでは生きられない世の中の辛さ。
切なさ。悲しさ。すべてが含まれていて、でも、生きる価値を探す。

施設の感じ、サイドストーリーが極めてリアル。純粋さ。希望。そうゆうはかなく強い物たちを再確認する。
写真学校をでたマシューの写真が宙に舞う。

作中名言
「聖者?妖精だよ」

声音書房オススメの洋画一覧

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA