『パラレルワールド・ラブストーリー』−男の根底の価値観を探られる理系小説。

スポンサーリンク

1

東野圭吾の頭はどうなってるんだろうか?
「記憶」という曖昧な存在を題材に、主人公を2つの時間軸に乗せて語る。
ここまでのラブストーリーを誰がかけるのか。凄いの一言。

昔一目惚れしていた女性が、親友の彼女として突然現れる。
そんなありもしないドラマみたいな話が、イメージを膨らませ、どんどんと引込まれていく。

そしてこれは自己の恋愛をとるか、親友をとるか、ただのラブストーリーではない。
男の根底の価値観を探られるようなゾクゾクする理系小説。こうゆうの好きだ。

作中名言
「男と女が友人ってこと、本当にあるのかな」難しい質問だった。俺にもわからなかった。昔から多くの人々が議論してきたことだ。「惚れてても、友人のままってこともあるぜ」俺はそういった。「どういうこと?」「自分の気持ちを隠してりゃ、友人以上のものにはならないってことさ。少なくとも形の上ではな」

声音書房オススメの小説一覧

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA