『カフーを待ちわびて』原田マハ−純粋無垢の危うさ

スポンサーリンク

1

恋愛小説の枠をはみ出した心理戦がみられる。
自分がこの立場だと訳わからんくなって、
何も信じられなくなるだろう。

物語は、絵馬に「嫁にこないか」と書いた主人公の元に
美人が本当に嫁にくる。沖縄の孤島で繰り広げられる
淡い生活と、リゾート開発で活気づく人間の私利私欲とが
ぶつかった時、恋はどう変化するのか。という話。

純粋無垢の危うさと、実直で友達思いな主人公。生い立ちなど、
切なくて、ハラハラする良い小説だ。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA