『お宮参り』

スポンサーリンク

1

産まれて一ヶ月が経つと子どもの『お宮参り』がある。
神社に予約を取らなければいけないか不安だったが、別にいいみたいだ。
行ったらやってくれるらしい。

お宮参り用の袴は僕が小さい頃に使ったお古を使用した。
その袴に紐銭というお祝い金と一緒に頂いたお金をぶら下げる。

お祝い金は半返しという文化があり、紐銭は10分の1の金額が通例らしい。
色んな文化があり、親の世代はそんなことをよく知ってるもんだなぁと感心するばかりで。
それぐらいに子どもは次世代へ次世代へと祝福されて産まれてくるんだなぁと思う。

いざ、自分の息子の時にはそんな文化が残っているのかなぁ。
一応俺のお古のお古を孫の世代まで残そう。

お宮参り用自体は10分も経たずに終わりました。
宮司さんのお経?は、息子の健やかなる成長をという内容だったのが伝わってきました。
お祓いもしてもらい初めてのお宮参り用は無事終わりました。

息子は相変わらず泣きもせず、ぐずりもせず、よそ行きの顔で、よそ行きの態度で過ごしていました。
賢い息子よ。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA