『壁の向こう側』

スポンサーリンク


実家に歩いて帰るとき、でっかい日東電工の研究所がある。

そこには180cmほどの高い壁が、道なりに100メートルほどつづいている。
小さい頃は、塀の向こう側に何があるのか分からなかった。

そして、なんの施設なのかも分かっていなかった。

お父さんに聴いても、日東電工と云う言葉が右から左へ突き抜けていった。
よく友達とボールをその壁にワンツーしながら帰宅したのを覚えている。

その塀の向こう側には怪しい研究室。帰りが遅くなったりすると、なにか不気味な存在でもあった。
想像力を巡らし、こっから何かが飛び出してくる。

想像力を巡らし、向こう側に怪物が居る。
昨日久しぶりに壁の横をあるくと、190cmある僕は壁の向こうが丸見えだった。

ただの芝生が広がっていた。
現実が想像力を欠如させていく。

「知る」ということは、日々をノンストレスにさせていくと共に、

想像力の乏しい大人へ成長させていく気がして怖かった。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA