『大阪の小児救急電話相談事務所の対応のクソさ』

スポンサーリンク

   

子どもな急な病気に困ったら電話できるサービスがあることをご存知だろうか?
僕はこんな優良サービスを厚生労働省がやってるなんて知らなかった。しかも20時から朝の8時までという病院が空いていない時間に。
今回息子の便に血が混じることを相談したのだが。。
対応したおばはんのマニュアル感が強く、決められた通りに機械のように話してくる。その対応の温度の無さが全くこちらを心配していない。
不安で電話をしてるというのに、労いの言葉や安心感を与えるわけでもなく、
結局、

「朝一に病院に行ってください。」のみ。
なんだこれ?
なんの意味があんねん?
俺でも出来るわ。アホちゃう。はやく民間にしてサービス提供を競わせたほうが良い。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA