20勝10敗の美学

スポンサーリンク

images

遠い記憶だが、昔巨人が長嶋監督だった時、ペナントレースが始まる前の目標として、20勝10敗を目標に有言実行して、優勝した年があった。

明らかにスタートダッシュに成功した勢いで優勝をした。

とにかく全部勝つ気です。とか、
優勝です。とか、
初戦必勝です。でなく、

20勝10敗です!という目標の掲げ方がなんとも絶妙で、明確で、目前で、シンプルで。

精神論には変わりないのだが、張り詰めてはいない。

よく張り詰めた精神論をするトップがいるが、社員の温度差は明らかだ。

この目標設定は
どこかを許してあげることで、モチベーションは上がることがある。と教えてくれている。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA