『スタンドバイミー』秘密は子どもを大きくさせる。

スポンサーリンク

1

歌のイメージが先行してしまう映画。観終わった後は正直なんやこれと思った。
ストーリーは、少年4人が死体を探しに線路沿いをプチ冒険するというシンプルな物語。

今思い出すとまた観たい。
大人になってあの映画が恋しくなる。また観たいと思う。
それは、特にメッセージ性のないメッセージ。
子どもにとっての「世界」「好奇心」「友情」「恐怖」「秘密」そういった言葉は勝手に大人になって、、、言葉としてくくっている。

本当は子どもは何も考えていない。
当たり前の行為のなかに、当たり前のような物語があって、ハプニングや、ドラマ性なんてない。
この映画は子ども心の日常が詰まっていて、小さな冒険を通じて、子どもでは分からない大人をドキドキさせる映画だ。
名曲にしめくくられるこの映画が名画だと賞賛される理由は、じじぃになればなるほど、観たくなるからだろう。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA