生後3ヶ月『初節句とカブト』

スポンサーリンク

1
よく笑うようになった。
夜もよく寝る様になった。
寝かしつけるのは少し難しくなった。
寝たと思ってベッドに置いても背中で感知しすぐ起きる。
だからベッドを少しあったかくしてやって、そこに置いてやると良い。

第一子はアレルギーになりやすい。
保湿が大事らしいので風呂上がりにベビーローションを塗ってやる。
基本的にデコがかゆそうだ。他は奇麗で潤っている。
短い手を伸ばして顔を掻いてるのが可愛い。
デコがかゆいのか、自分の手が何かに触れるのが嬉しいのかよく分からない。

仕事から帰ってくると、嫁さんが晩ご飯を作っている。
息子は大人しくキョトンとした顔で僕を待っている。
僕は早く着替え手を荒いうがいをし、膝の上に息子を乗せてやる。
すると力みやすいのか僕の膝ででウンコをする。

日々どんどんデカクなる。
腕の輪っかが増えてくる。
嫁と2人で飯をくってると淋しいのか嘘泣きをする。
愛想をふりまくと得する人を見極めている。賢い奴だ。

初節句は嫁の父母が買ってくれたカブトを飾った。
僕の実家でもカブトをだして親父が喜んでいた。
嫁さんが新聞紙で作ったカブトを被って写真を撮った。

しっかりみんなに愛されている。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA