『宇宙戦争』スピルバーグのD級映画

1

スピルバーグとトムクルーズで莫大な資金をつぎ込み、
莫大におもんない映画を作り上げてみせた。

映像は奇麗やし、迫力もある。
でも、ストーリーが終わっとる。

なす術のない人間像なのか?でも、思いっきりこじつけのハッピーエンド。しかもナレーションw
家族愛みたいなものなのか?妻が訳分からん。最後なんであんな感じやねん。あとダコタがうるさい。

最初にトムクルーズがポケットに入れたコンクリートはなんの意味合いがあってん?

おもんな!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA