『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』

スポンサーリンク

1

問題にぶちあたった時、とにかく

「分解の木」を書いてみようということ。

①1つの問題に対して考えうる原因を枝分かれにして洗い出す。

その原因が起こる原因をさらに洗い出す。
原因を小さく分解していって、小さい問題解決を繰り返すことで大きい問題が解決する。

全ては小さなことを見直して1つずつ確実に実行していくこと。

②1つの投げかけに対し、YES NOで分けて、NOの要素を深堀させていく。
深堀する方法は考えうる仮説をいくつも出していくということ。

③「効果の縦軸」と「実行のしやすさ」の横軸
でアイデアのマトリックス図を明記すると分かりやすい。

そして、その実行プランの負の要因である「なぜ実行しにくいか」を分解の木にかけて、「実行しやすいもの」にする。

さらに、【実行プラン】
「方法の縦軸」と「時間の横軸」を使い、具体的な作業の流れを書き出していく。

④意思決定ツール
2択、3択で迷ったときは、

選択肢の正の要因と、負の要因を洗い出し、それぞれに得点をつける。その際、評価の重要度に応じてかけ算の位を決めるとさらに良い。

以上

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA