生後5ヶ月『離乳食は十倍粥から。』

スポンサーリンク

1

生後5ヶ月が経ち、離乳食が始まった。

嫁さんは離乳食の本や、小鍋や、すり鉢や、茶こし等、離乳食を作る準備を着々と進めていました。おかげさまで息子専用ボックスやらゾーンがどんどん増えていきます。

米1に対し、水10で薄め、茶ごしで裏ごしして、息子の喉にひっかからないように調理する。

あげる量は「小さじ一杯」だというのに、この手間が出来るのは母親の強さだろう。

息子が食べる初めての『米』。ちっちゃなスプーンで小さじ一杯分をさらに小分けにして、

舌の上に置いてあげる。

食べる。

そんな当たり前のことが出来たことが歓びで、日々の成長が嬉しい。

米を食べたというだけで、両親が感動するというのは、どれほど子どもが重要な存在なのかを思い知る。

美味しいのだろうか?息子は口を開けて待っている。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA