『ヴィダルサスーン』センスとバイタリティーのおっさん

スポンサーリンク

1

この映画の魅力は白黒の映像に慣れさしてから挟む、

ポップなカラーを主としたショートミュージックムービーが良い。

この映像のギャップと色の使い方、イラスト、音楽、これが秀逸だった。

最初のインパクトのある映像と、最後のエンドロールの、質が高い。観ていてドキドキした。これだけで価値があった。
ドキュメントとしては、

僕が思い描いていたより、陽気なおっさんで、毎週水曜に司会を勤める番組があるほど、ポップな人。

身体に気を使っているのは
1日14時間の仕事が出来るための身体作りと豪語しているが、
女を抱くために違いない。

特に尊敬するポイントはなし。

ただ、時代を動かした人物であることは確か。センスもずば抜けたバイタリティーのある人物。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA