人が弱みを克服するのは、強みを伸ばすことによってである。byドラッガー

スポンサーリンク

『ドラッカーを読んだら会社が変わった! 』単行本

1

ドラッガーに影響を受けた経営者がどう動き成功へと導いたかというノンフィクション。

どの言葉や思想に助けられたのかが、文頭に述べられているので、それだけを読んでも大変参考になる。

その中でも僕が一番響いた言葉は↓

『強みを伸ばすということは、弱みを無視して良いということではない。弱みには常に関心を払わなければならない。しかし人が弱みを克服するのは、強みを伸ばすことによってである。

弱みを改善するか、強みを伸ばすのか。この問いに迷った経験は誰しもあると思うが、ドラッガーはこのように明確に説いている。

まずそのためにも、自分は何が強みなのか、部下は何が強みなのかを分析する必要がある。お互いの強みで弱みをカバーできる組織作りこそ経営者がすべきこと。

ドラッガーの伝えたい事を短時間で読み取れる良本だと思う。

[amazonjs asin=”4822235742″ locale=”JP” title=”ドラッカーを読んだら会社が変わった!”]

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA