『冷たい校舎の時は止まる』誰が苦しみ、誰がそれを救うのか。

スポンサーリンク

1

表紙になっている紙粘土で作った女性が凄い気になる。
もし自殺したのが女性生徒で、校舎を見ている描写なのだとしたら、
凄く嫌やな〜。表紙でバレてるとかは止めて欲しい。

物語は
高校で誰かが飛び降り自殺をした。
8人の高校生はいつも通り通学するのだが、そこは誰かの異次元世界にある学校だった。
その中の1人が自殺した友人で、責任を感じろと次々と殺していく話。
誰が自殺し、彼らにどのような責任があるのかは下巻。

辻村深月のキャラクターそれぞれの心理描写が凄い。
こんな奴おったなーこうゆう価値観わかるなーが詰まっている。
ただ、作中に辻村深月本人が出てくるのだが、そのキャラクターの作り方が、なんでこんな感じに書くんやろーと。ちょっと物語に入り込めないところがある。

でも、すごく話が面白い。下巻が楽しみ。

作中名言
「発作的な考えの連続が人生だってよ。自殺ってのは寿命だ」

1

上巻で懸念に思っていたことが、
まさかまさかと思って読んでたが、そのまさかが当たってしまった。

誰が苦しみ、誰がそれを救うのか。
菅原の話はなぜあんなにも長いのか。
榊はなぜ現れないのか。
2人のヒロの重要性。

全ての伏線を回収し、
全てのキャラクターに命を吹き込む作者の志が伝わってくる。

自己嫌悪や、自己犠牲という自分の一番嫌いなジャンルにスポットがあたっており、深月には終始イライラした。
みんなの優しさをフル無視する彼女は一番みんなのことを観れていない。空気の読めない奴。
甘えに甘え、弱いことを嫌悪する。
でも、それも作者の作戦。

でも、その作者自身が辻村深月のため、読んでいての違和感が凄い。
一気読みできて没頭してしまう良作。

声音書房オススメの小説一覧

[amazonjs asin=”4062758229″ locale=”JP” title=”冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)”]

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA