生後8カ月『つかまり立ちと鼻水と秋服とニット帽』

スポンサーリンク
11

1

8か月 9.8kg 75cm
平均ラインぎりぎりのデカサ。重い。

つかまり立ちが出来るのが嬉しいのか、ソファによじ登り、キッチンをつかまり立ちして見渡すのがマイブームのようだ。
どんな障害物も乗り越えるはいはいの上達度は目を見張る。
目を離すと瞬間移動している時があるので焦る。

壁や椅子、机があると、すぐに手をつき立とうとする。
太ももによじ登り、よろよろと立ち、すね毛を引きちぎられる。激痛だ。
力も付いてきて寝てる時の突然の裏拳は狂気を感じる。

急に寒くなってきたので、鼻が出てきた。
水鼻だったのが、だんだんと粘っこくなってきて、呼吸がしにくそうだ。
耳鼻科で鼻をすってもらうが、気持ち悪いので泣いてしまう。当然だ。
僕の小さい頃から通っていた耳鼻科の椅子に息子と座ると、思い出がフラッシュバックして変な気持ちになる。

秋服はかわいいなぁ。長袖になっただけで乳児から子どもに変身する。
ボーダーの重ね着や、ネルシャツなんかを羽織らせてみる。想像以上に可愛い。
柄×柄が十分似合う。なんでも似合う。
今狙っている可愛いアイテムはニット帽である。
買い物に行くと決まって試着し、可愛いなぁと見惚れてしまう。

鼻が詰まると泣き声も高くなる。
季節に対応し、寒暖差に対応し、初めてづくしの1年を1日1日乗り切っていく。

11

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA