『マスカル珈琲』博多のモーニングを食べて感動した件

スポンサーリンク

1

福岡出張の際、どこかモーニングだけでも贅沢したいなぁと検索し、たまたまヒットしたのが
『マルカル珈琲』だった。

博多駅からだとまぁまぁ歩くが良い散歩になった。
店は静かな住宅街にひっそりとあり、決して場所条件が良い訳ではない。

店に入ると女性マスターと、ハットを被りギターを練習する小粋なじいちゃんがいた。
僕が入るとじいちゃんは気を遣ったのか、練習の音が小さくなる。

モーニングを注文するとマスターは手際よく丁寧に準備を始める。
本当に静かな店で居心地がいい。ポットの水蒸気の煙とうっすらと流れるジャズが心地いい。

モーニングは写真の通り。500円。安い。
卵も良い感じに半熟で、トーストのチーズも良い感じの塩加減で、
何よりも珈琲が美味しかった。

写真はどっかのブログから拝借したもので、何故か写真を撮りたくない雰囲気だった。
完璧に流れる空間の中でスマホが逆に異質なものに見え、
写メを撮ってる奴の方がダサく見える空間だった。

ギターのじいちゃんが帰っても、全くお客さんが来なかったが平日の朝はこんなもんだろう。
このクオリティーと安さで人も少ない。珈琲が美味い。それぐらい福岡のカフェのレベルが高いのだろうか?
こんな店が大阪にもあると大変ありがたいのになぁ。

きっとランチも美味しいんだろうなぁ。また行きたいマスカル珈琲。

マスカル珈琲の食べログ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA