ついに車を買う!スペーシアを新車で。相見積もりの重要さ。

スポンサーリンク

子どもも出来たし自分の車が欲しいということで、
税金も安いことから軽自動車を検討。

ダイハツのタントと、スズキのスぺーシアで気持ちが揺れ動いていたが、
性能や、広さを取っても、スズキのスぺーシアが高スペックということで見積もり。

初めに行ったスズキのディーラーでは、180万近くしたのが、
決算祭りなのか、ディーラーの力なのか、157万まで落ちた。

もちろんカーナビ・ETC・自動ブレーキ・360℃のカメラ搭載等等、基本的なオプションをつけてだ。
ネットで調べてみると、150万まで落としたツワモノがいたが、これが限界地点っぽい。

結局買うタイミングとディーラーの力で値段が下がると言う不平等さが、車を買う時の懸念材料になっているので、このシステムは透明化していった方が世の為ヒトの為のように思える。

3月中旬に納車されるのが、楽しみだ。
任意保険は何が良いのだろう??

これも相見積もりしながら検討しなければいけないが、
車庫証明や必要書類をまだディーラーに握られているので動くに動けない。
この辺が上手いところで、僕が金持ちで余裕があれば、きっとディーラーまかせになってしまう面倒な点だ。

なんでもかんでも効率化する必要はないが、変な気苦労や交渉事は無いようなシステム作りをしてほしい。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA