『ソードフィッシュ』ヒュージャックマンが手を叩くと何でも出来る

スポンサーリンク

天才ハッカーのヒュージャックマンがジョントラボルタに利用され、
銀行の金をハッキングで盗み取る物語。

最初のジョントラボルタの語りシーンから爆破シーンまでで一気に観る側の心をつかみ取る。
この先なにが起こるんだろうというワクワク感が、この爆破の衝撃で高まる。

そっからの内容自体はそれほど大したことはないが、
イントロで掴まれて結局最後までチャンネルを変えられない唄のようだった。

もしヒュージャックマンのような手を叩くだけで何でもハッキング出来てしまう能力があれば
ジョントラボルタの力なしでも娘を奪還できるのではないだろうか。とふと思ってしまうが、

ミスディレクションの下りと、伏線回収の爽快感と、観る側に判断をゆだねるラストの爆破も心地よかった。
あと、映画のタイトルとしては何でも良かったんだろうなぁと思う。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA