『ユージュアルサスペクツ』カイザーソゼとガラガラ声で言ってみたくなる映画

スポンサーリンク

最後観終わった時に、あーそうゆうことかぁという伏線回収の気持ちよさと、
ん?じゃああの表現はどうだったんだろう?という疑問点が湧き、もう一度みないと分からないことが多い。

基本的にケビンスペイシー演じるバーバルが警察官に起こった事象を話していく物語なので、
バーバル自体が黒幕であり、全部作り話だとすると、果たして何が真実で何が嘘だったのかがはっきりしなくなる。

キートンの心情やバックボーンが色濃く表現されているのは、
キートンがカイザーソゼと結び付ける心理的なバーバルのトリックなのだろう。

一つ引っかかるのは、バーバルは何故あの警官にちょっとしたヒントを与えたのだろう。
これでカイザーソゼとその顔を知っている人間が出来てしまった。
闇の人物として通すならば、キートンに罪を被せバーバルは何の痕跡もなく、去っていく方が良かったんじゃないだろうか?

勝手な推察だが、こうした方が面白いんじゃないかという企画の方が上回ったんじゃないかと疑ってしまう。

どちらにせよ、もう一度観ないと分からない。

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA