親父の子育て日記 一覧

スポンサーリンク
生後3ヶ月半『予防接種→小児科/汗疹→皮膚科』

生後3ヶ月半『予防接種→小児科/汗疹→皮膚科』

ヒブと肺炎の予防接種の一週間後に『4種混合』をしてきました。 小児科にはたくさんの子どもがいるけれど、 「あの子は何ヶ月だろう?」とか、 「いつからお座りできたのだろう?」とか、 「あいつは目ぇおっきなぁ」とか、周りをきょろきょろ。 しかし、息子が一番可愛くて、静かで、賢いなと。心の中ではみんな思っております。 注射も一切泣きませんでした。 顔が赤くなって、身体が収縮しましたが、泣きません。 なかなか強い奴です。 ーーーーーーーーーーーーーー その足で...

記事を読む

『乳児の汗疹』

『乳児の汗疹』

『あせも』と読みます。 大きくなった息子はいろんなところに脂肪の輪っかが出来てきました。 この季節とにかく首の間に汗が溜まってるのか、赤い湿疹が出来ています。 乾燥させるべきか、ローションをつけるべきか、なかなか治らない汗疹に苦しんでおります。

記事を読む

生後3ヶ月とちょっと『予防接種はヒブと肺炎』

生後3ヶ月とちょっと『予防接種はヒブと肺炎』

息子の予防接種へ行きました。 紆余曲折あり「ヒブ」と「肺炎」の予約と、来週4種混合を受けます。 病院に行く前に大量のウンコをした息子は、 せっかく着せてもらった新しい服をウンコまみれにし、嫁さんのGパンもダメにしました。 すっきりしたのか、爆睡状態で病院に行き、このまま寝てるのかなぁと思いきや、 先生の前に座った瞬間に起きました。 いざ注射! 左手右手と打ちましたが、一切泣きません。 うっという顔をしただけ。 大物でした。 親の杞憂。 でかくなりました。

記事を読む

生後3ヶ月『初節句とカブト』

生後3ヶ月『初節句とカブト』

よく笑うようになった。 夜もよく寝る様になった。 寝かしつけるのは少し難しくなった。 寝たと思ってベッドに置いても背中で感知しすぐ起きる。 だからベッドを少しあったかくしてやって、そこに置いてやると良い。 第一子はアレルギーになりやすい。 保湿が大事らしいので風呂上がりにベビーローションを塗ってやる。 基本的にデコがかゆそうだ。他は奇麗で潤っている。 短い手を伸ばして顔を掻いてるのが可愛い。 デコがかゆいのか、自分の手が何かに触れるのが嬉しいのかよく分からない。 ...

記事を読む

『結婚記念日とコナン新作』

『結婚記念日とコナン新作』

結婚してからはやいもんで2年が経ち、3年目に突入しました。 今年は可愛い息子にも恵まれ、家族3人で日々を乗り切っていく次第です。 息子は姉に預け、久しぶりに2人でデートしたのですが、 結局買い物に行っても、雑談をしても、出てくるのは息子のことで、自分のことは後回し。 どう生活してくか、何が必要で何が不要か。 それほどに生活が忙しくなってきたということです。 エレカシの「生活」というアルバムが心にしみる歳です。 コナンの新作映画を観たのですが、 今回はなんでもありで...

記事を読む

子育てオススメアイテム『赤ちゃん本舗のおしりふき』

子育てオススメアイテム『赤ちゃん本舗のおしりふき』

↑これなかなかええです。 おしりかぶれがひどかった息子もこれに変えて大分マシになりました。 以前買ってしまったダメなおしり拭きは、タッパに詰めて水道水で成分を全て洗い流せば問題なく使えたので、 合わないおしり拭きを買ってしまった方はぜひ。 あと、おむつは 『ムーニー』 が柔らかくて良い感じです。 なので、おむつケーキをプレゼントする方は、ムーニーのおむつケーキが良いです。 そして、出産祝いのおむつケーキは結構嬉しいし、実用的で助かります。

記事を読む

『親なし鯉のぼり』

『親なし鯉のぼり』

今日は親父と鯉のぼりを立てました。屋根より高い鯉のぼりとはよく言ったもんで、鯉のぼりの支柱を立てると10mを超えます。 親父が産まれた頃に僕の爺ちゃんが買ってきた60年前の鯉のぼりを20年ぶりに引っ張り出して、僕と親父が立てる。 歴史を感じるとともに、親父が一番うれしがってたので僕も嬉しかったです。 昔の鯉のぼりですので、説明書も虫に食われて無く、鉄骨と紐だけで作るのですが難しいし、めちゃくちゃ危険でした。 よって、支柱は写真のように低くなり、父母の鯉のぼりが無い流しと子だけ...

記事を読む

生後2ヶ月とちょっと『コマンド【泣く】』

生後2ヶ月とちょっと『コマンド【泣く】』

牛乳しか飲めない世界で、 視力と言葉を失い、 【泣く】というコマンドだけを与えられたらどーだろーか?? 僕だったら泣きまくって牛乳をもらうだろう。お腹が空く少し前に泣いといて、体力を残しながらゆっくり飲みたいものだ。 泣いて周りにいる誰かが何のアクションもしなかったら、余計不安になって思いっきり泣くだろう。 声をかけてもらうと凄く安心するだろう。抱いてもらえるともっと安心して寝てしまうだろう。 気なんか使ってられない。俺は生死がかかってるんだ。

記事を読む

『大阪の小児救急電話相談事務所の対応のクソさ』

『大阪の小児救急電話相談事務所の対応のクソさ』

子どもな急な病気に困ったら電話できるサービスがあることをご存知だろうか? 僕はこんな優良サービスを厚生労働省がやってるなんて知らなかった。しかも20時から朝の8時までという病院が空いていない時間に。 今回息子の便に血が混じることを相談したのだが。。 対応したおばはんのマニュアル感が強く、決められた通りに機械のように話してくる。その対応の温度の無さが全くこちらを心配していない。 不安で電話をしてるというのに、労いの言葉や安心感を与えるわけでもなく、 結局、 「朝一に病院に行ってください。」の...

記事を読む

『一人ともう一人』生後2ヶ月

『一人ともう一人』生後2ヶ月

僕が休みの日に1人が子守りをし、もう1人が買い物にいかなくては、生活が成り立たない。 お風呂に入るのも長湯はできないので1人が入れるともう1人があがってくるのを待ち受けなくてはならない。 運転しているときは1人が運転しているともう1人が後部座席でチャイルドシートの横についてなければならない。 1人が子どもと二人三脚している道を、もう1人が切り開いていく。 夫婦から家族になると一人一人が自立し、力を合わせていかなくては子どもは育てられない。 一緒に座ってたソファも車も買い物も嫁さんでな...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5