スポンサーリンク
箕面の『ノイカフェ』でフレンチトースト食べてきた件

箕面の『ノイカフェ』でフレンチトースト食べてきた件

新車が来たので、気兼ねなくお出かけが出来るようになりました。 箕面の船場近くに『バースデイ』があるので、そこで子どもの服を掘り出してから、 『ノイカフェ』へお茶をしに行きました。 2年ほど前にいったっきり、かなり久しぶりだったのですが、 雰囲気は変わっておらず、駐車場が増えていたのでかなり儲かっているんだなぁと思いました。 嫁さんはチーズケーキと洒落た飲み物を頼み、 僕はミルクティーに浸けたフレンチトーストに生クリームとアイスとバナナと林檎チップが載っている 女子が...

記事を読む

箕面の『のらや』でぶっかけうどん定食を食べた件

箕面の『のらや』でぶっかけうどん定食を食べた件

のらやの『わがままうどん定食』を食べた。 ここは麵の大盛りが無料で天麩羅・ご飯付で980円とリーズナブル。 うどんもコシがあって美味しいし、天麩羅もさくさくである。 息子もうどんが食えるようになったので、五穀米と一緒に食べさせていると機嫌も宜しい。 ジブリのオルゴール音楽はもうやめたのかな?ジャスラックに金を払わなあかんくなったんかな。 近畿周辺だけかと思いきや、東京にも進出してるんですね。上場したら買いたいですね。 国分寺店なんか凄くデート向きでおしゃれですね。↓ ...

記事を読む

『床屋〜私達の行く末〜』白川湊太郎-ショート小説コンテスト31

『床屋〜私達の行く末〜』白川湊太郎-ショート小説コンテスト31

『床屋〜私達の行く末〜』 床が黒く染まっている。先程まで私の頭から生えていた髪の毛だ。だが今は私から切り離されており、床に散らばって存在している。これらは今でも私の身体の一部であるのだろうか。 「髭を剃る前に髪の毛持ってくね、お兄ちゃんごめんね~」 パートの女性が箒と塵取りを持って床に落ちた髪の毛を集めていった。 私の一部である髪の毛が塵取りの中へ吸い込まれていく。 「こっちもごめんね~」 女性は隣の席に落ちている髪の毛も集めていった。私の後に来た中年男性の髪の毛であ...

記事を読む

『床屋〜截断〜』緑川凛太郎-ショート小説コンテスト31

『床屋〜截断〜』緑川凛太郎-ショート小説コンテスト31

『床屋〜截断〜』  髪は女の命と云う。  私は男だから、それはよく知らないけれど、女であるシャルがそう言うのできっとそうなのだろう。  なら、女は髪を切ったら死ぬのか、と訊いたらシャルは不思議そうに私を見る。 「何を言っているじゃん? 心臓とか止まったら、死ぬに決まっているじゃん。髪を切ったくらいで死にはしないじゃん?」 「そうですね。変なことを聞いてしまいました」  ところで、と私はシャルの髪を指で鋤きながら言う。 「おチビちゃん、そろそろ髪を切ります...

記事を読む

『床屋〜主人公と脇役の世界〜』黒川洸太郎-ショート小説コンテスト31

『床屋〜主人公と脇役の世界〜』黒川洸太郎-ショート小説コンテスト31

『床屋〜主人公と脇役の世界〜』 『誰もが自分が主人公だと思っているのは当たり前のことで、脇役に撤している人生でもそれが自分目線のドキュメンタリー映画である。』 そんな哲学めいたことを考えながら、大きな鏡越しに見る自分の顔はなんだか能面で、あぁなんで主人公がこんな不細工な顔してるんだろうなぁと嫌になる。 何をやっても似合わないこの髪の毛も設定としてはおかしい。正解に導くのが美容師であり、主人公の髪の毛がダサいなんて見たことも聞いたことも無い。 前髪を切ってもらうタイミン...

記事を読む

茨木のカフェ『One Sceneワンシーン』でランチを食べた件

茨木のカフェ『One Sceneワンシーン』でランチを食べた件

この時期になると茨木神社にいくので、久しぶりにおっちゃんの店『One Scene』へ。 凄く久しぶりに来たけど、前に来たときより流行ってる印象を受けました。 良いものを提供している店は、いつか認められるものです。 今日のランチはハンバーグでした。 ランチ、デザート、コーヒーで税込980円。 食後のコーヒーが美味しかったら、最後とても幸せな気分になりますね。 居心地もよく満足でした。 いつもここに来ると、ルービックキューブで遊ぶのですが、 息子が動き回るので...

記事を読む

息子1歳と1ヶ月『一週間続く熱と、薬の嫌がり対処法と、一歳記念スタジオ撮影と』

息子1歳と1ヶ月『一週間続く熱と、薬の嫌がり対処法と、一歳記念スタジオ撮影と』

『一週間ほど熱が続いた。』 よくあることらしいが、さすがに心配した。 寒くなったり暑くなったり季節の変わり目では大人でも体調を崩すものだ。 息子が風邪をひくと、よだれやら鼻水やらを親も拭いたりするので、 嫁さんも38℃程熱をだし、滅多に身体を壊さない僕も喉が痛かったりした。 総だおれ状態であった家族もなんとか一週間ほど乗り切ると、 子どもが良くなり、嫁が良くなり、僕は花粉症がひどくなっていた。 子どもが熱を出すのは日常茶飯事らしいので、あまりワタワタしなくて良いらし...

記事を読む

ついに車を買う!スペーシアを新車で。相見積もりの重要さ。

ついに車を買う!スペーシアを新車で。相見積もりの重要さ。

子どもも出来たし自分の車が欲しいということで、 税金も安いことから軽自動車を検討。 ダイハツのタントと、スズキのスぺーシアで気持ちが揺れ動いていたが、 性能や、広さを取っても、スズキのスぺーシアが高スペックということで見積もり。 初めに行ったスズキのディーラーでは、180万近くしたのが、 決算祭りなのか、ディーラーの力なのか、157万まで落ちた。 もちろんカーナビ・ETC・自動ブレーキ・360℃のカメラ搭載等等、基本的なオプションをつけてだ。 ネットで調べてみる...

記事を読む

福岡多の津『食堂流通』のカツカレーを食べた件

福岡多の津『食堂流通』のカツカレーを食べた件

ぐるなびにもどのサイトにも出てこない飯屋がこの世にあるんだなぁ。 『食堂流通』で店の名前があってるのかすら分からない。 福岡に出張に行った際に訪れた店なのだが、凄く雰囲気も良く美味しいので毎回行きたい。 特にカレーの量が半端無かった。 マスターも凄く気さくな人で、米が残っていると「もっといっぱい食べろ」と言わんばかりにすぐにルーをかけてくれる。 普通の定食もクオリティーが高く、職場近くにあれば良いのになぁと思うばかり。 福岡は人も温かいし、ご飯も美味しいし、本当に...

記事を読む

『ノート〜きっかけ〜』白川湊太郎-ショート小説コンテスト30

『ノート〜きっかけ〜』白川湊太郎-ショート小説コンテスト30

『ノート〜きっかけ〜』 「じゃあ今日は教科書の35ページから始めるぞー」 世界史の先生が教科書の内容を黒板に書き写し、生徒が黒板に書かれた内容をノートに書き写す。ただそれだけのつまらない授業。だから別にノートを取らなくても、先生が授業で取り上げた部分を教科書にチェックするだけで問題はないはず。不満を抱きながらも必死に黒板を見てノートに書き写す作業を繰り返しているのはテスト終了後に板書したノートを確認するからで、仕方ないと割り切っているようだった。 〇〇年 △△戦争 □□年 ×...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 8 71