スポンサーリンク

自分らしさ

オランダのどっかの図書館です。 おそらくこれをデザインした人は、 大胆で金持ちで理路整然で博学な人物 だからこそ思い入れがあり、統一感のある図書館がうまれる。 自分らしさ がブレない雰囲気を醸し出す。人間も同じですね。 僕の自己分析では、 雑多な感じ、 趣向をくすぐられる感じ、 狭い感じ だがバーソナルスペースは広い感じ、 味は平均点で良い 集中できる感じ、 が好きですね。 さぁこれに当てはまるような内装とは? もっと自分自身も自己分析しなくては

記事を読む

2015年に向けての目標

2015年が始まろうしております。 この時期は来年の目標を決めなければいけません。 2015の目標 ①子どもを作る! ②毎月一回嫁さんとブックカフェに行き、ノートにまとめる ③貯金プラス100万円 ④毎週一回コーヒーをいれる ⑤毎日夢ブログを更新する 毎日 毎週 毎月 を作って負担が一気にかからない目標にしました。 なんとか、達成したいと思っております! 転職も考えなあかんのかなぁ〜汗

記事を読む

本を読む環境とは??

さぁ本を読もうと気合いを入れて、本を読むことって少ない。 僕の場合は、電車やバスでの移動時間が一番集中できる。 なぜならそれは強制された時間ではなく、自分の意志による娯楽だからだ。 ブックカフェだからといって、本を読まなければいけない訳じゃない。 スマホをいじっても良いし、 ぼーっとしても良いし、 寝てても良い。 暇すぎるやつか、 知識欲の高いやつしか、 本は読まない。

記事を読む

地元密着

ヨーロッパのカフェは一部を除いて、地元に密着している。 わざわざ あのパンケーキを食べたいからと、遠方からは出向かない。 今はどうか知らんが。 お気に入りのクラブチームのテレビしか映さなかったり、 コーヒーは基本的にエスプレッソ一択だったりと、 かなり我儘な形態をとるが、地元の人には愛されている。 僕の場合も特に生まれ育った街 茨木市 にブックカフェを開きたい。 しかも、実家のより近く。 同じ村に住んでる人は、他の人と差別化し、 コーヒーを安く提供する。 地元に優しい場所でいたい。...

記事を読む

NO IMAGE

究極のリラックス

好きな子と一緒に静かに本を読むデート こんなカップル今までで一組も見たことがない。 そんなことをSNSに載せても自慢できないと考える女が多いからだろう。 近しい人が隣にいると話してしまう。 気を遣ってしまう。 究極のリラックスのために必要なものは 1人。ではないだろうか? 【お一人様のみ入店可。】 というカフェはどうだろうか?? 限られた学生や、排他されたおっさんの溜まり場になったカフェは経営出来るのだろうか?? 【1人になりたいカフェ】 個人的にはあっても良いし、究極のリ...

記事を読む

NO IMAGE

ブックカフェに置きたい4つのマストアイテム

本と、観葉植物は1セットな気がします。 ブックカフェのど真ん中には大きい観葉植物を置く予定です。 本も雑多な感じで汚くて良いと思う。 綺麗な本を気を使いながら読んでもリラックスしないですよね。 究極のリラックスがキーだと思います。 究極のリラックスって、多分爆睡やと思うんです。 で、爆睡のセットとしては、大きめのソファは要りますよね。 そして、温かみのあるライト。 観葉植物、 雑多な本、 大きめのソファ、 温かみのあるライト あと僕は狭い空間が好きなので、狭く作りたいですね。 ...

記事を読む

NO IMAGE

やりたいことには、やらなければいけないが付いてくる。

以下の文章はどっかの音楽番組で、 元ブルーハーツの甲本ヒロトさんがおっしゃった言葉です。 子どもの時はさ、「やりたいこと」があります、「やりたいこと」をやるためには、「これをやらなければいけない」というのが、くっついてくる、で、子どもはさ、その「やらなければいけないこと」が克服できないんだよ。だから「やりたいこと」も我慢しなければいけない。  それはしょうがないじゃん。子どもなんだもの。だけど、大人になってくると、何が違うかって言うと、この「やりたいこと」にくっついてくる「やらなくてはいけ...

記事を読む

NO IMAGE

象の目はなぜ青い?

とかいう唄を思い出して、このブログタイトルにしました。 確か、唄の中では 象の目はなぜ青い?? ふるさとの大草原を思い出してるから 海の色を見てたから と続いていました。 私はこの2つの考え方がとても好きです。 なにか大切なものを思い浮かべたり、 自分のずっと見ている景色が、 自分の目に反映されていく。 私の夢はいつか地元茨木市にブックカフェをオープンさせること。 今の実力では到底無理。金もないし、知恵もないし、環境もない。 いつもどこかで諦めている。 ただ、 夢に対する熱い...

記事を読む

1 68 69 70 71