全部で一個

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ

このニットですが、自分が小売店だとして、購入するとしたら、全部で一個なんです。

赤だけを。黄色だけを。黒だけを仕入れても、店頭では売れない。一個一個を売るでなく、面で売る。

点ではなく、戦ではなく、面で売っていく。これが商売の最高の形。

本も同じで、黄金ラインがあって、コンプリートしたくなる。

例えばエレファントカシマシの本を買ったら、ミヤモトヒロジの自伝が欲しくなる。そしたら森鴎外に興味ができて、そこから歌詞を読み解きたくなる。

全てで一つ。この面の売り方。まずはこれ。でもこれを読んだらこれを読みたくなるよねっていうプレゼン。

それを案内してくれるのが店員であり、売場のポップなのだろう。

それを誘発するのがバックミュージックであり、雰囲気なのだろう。

当然のことだが、すぐ忘れてしまうことだ。

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA