【資産運用シリーズ②】『学資保険』と『高配当株投資』を比較すると2.4倍の差が有

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ

【学資保険】

現在の学資保険は段々利率も悪くなっていて、返戻率が110%あれば良い方。

僕自身もJA共済にて116%のものを掛けているけども、超超超安全資産(ローリスクスーパーローリターン)という考え方で

あまりオススメはしない。なぜなら、

200万円 を 納金し、 16年後 116%の利率が付く場合

⇒投資金200万  返戻率116% 投資年数16年 = 満期解約232万 のリターン

とすると、年利で計算すると⇒ 16% ÷ 16年 =

年1%(年20,000円)のリターン

しか受け取れないからだ。

対して↓

【みずほ銀行】の株

みずほ銀行は 現在高く見積もって

1株約200円 なので、 200万あれば 1万株  購入できる。

また、年間配当金は 安定的に3%以上 ということで計算すると、

200円×0.03×1万株 = 60,000円

これに税金が20%かかるので、 60,000円 × 0.8 = 48,000円

年2.4%(年48,000円)のリターン

学資保険の約2.4倍の運用差が生まれる。

これを16年間ずっと持ち続けると、 48,000円 × 16 = 768,000円

200万が ⇒ 276万8千円のリターンとなる。(学資保険は232万)

断然こちらの方が良い。

リスクとしては、 株と配当金は変動するということ。

(株価が200円から100円になりました。3%が1%になりました。こういったことがリスク)

だからこそ、今回は例として【みずほ銀行】を出したのですが、非常にチャートとしてブレがなく、配当も安定的です。(約10年200円前後)

そして、今後みずほが潰れると思いますか?否。国が潰させません。

リスクとリターンは付きもので逆も然り、200円が220円になれば、配当+10%の利が乗るということです。

リスクは絶対に張りたくないと言われれば、学資保険を勧めますが、

断然、 大手企業の高配当株への投資をオススメします。

①みずほ ②日産 ③伊藤忠 等が良いと思います。

あと、NISA口座で投資すれば、非課税なので丸丸配当金もゲットできます。

(※個別株の買いを推奨しているのではありません。)

国は投資を推進しています。

NISAが出来たのもこの事実からです。投資人口を増やしたいのです。

(税金の食いっぱぐれが無いから)

【国策に売り無し】という格言があるように、国が推進しているもの(投資)は素直に乗っかっていく方が何事もスムーズということです。

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA