大学時代のブログの価値

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ

http://youtu.be/YZ6T7-XU5eo
大学時代にバイク乗りながらよく聴いていた音楽「月の爆撃機」↑

Yahooブログってのが昔あって、今はサービス停止してしまって書けなくなったんだけど、

大学2年ぐらいなら、社会人一年目のさわりぐらいまで、3年ほどブログを書いていた、

たまーに、読みたくなって昔の自分を振り返るんだけど、今の思考とほぼ一緒で、考えてること、内容に、現在なんの進歩もない。

それが良いか悪いかは別として、昔の自分に感心してしまうときがある。

なるほどなぁと勉強している。結局のところ、答えはシンプルであり、行き着く自我は大学までで、形成されてしまったのだろう。

社会人になったからって威張れるものではない。大学時代に描いていた将来とのギャップを必死で埋める毎日だ。嘘ついて、虚勢を張り、現実を日々捕まえていく。

これからも基本的な考え方は変わらないという証明が5年前のブログにある。

社会人には学生にはない色んなしがらみやグレーゾーンがある。答えを複雑化させ、シンプルなものを隠そうとする。

ただ、だからこそ、その複雑化を解く能力を磨く意味合いがあり、

その答えは5年前に書いたブログで見つかる。様々なことを悩み考えてた頃のブログは大変貴重だ。

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA