色を入れると文学的になるんじゃないか?

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ

青い梅雨が明け、徐々に赤みを増してくるこの季節。街はぼんやりとコントラストがなくなり蜃気楼が橙にみえる。

僕は灰色の社会から帰り、食卓を見ると軽やかに響く白の気泡。黄色と白のはっきりしたコントラスト。

ありがとう。頂きます!
小学校のころ、擬音語を多用した作文を先生に褒められた。

日本語を褒めてあげるっていうのが文学の成長に繋がる。

恥ずかしがらず、面白い日本語を表現しよう。そして、それを褒めよう。

*ぶろぐ村に参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 小説ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA