哲学 一覧

多くを語らない

多くを語らない

あまり多くを語らず、何を伝えたかったのだろうと聴き手があれこれ想像する。 アートはこの形が一番綺麗であり、唯一社会で許されている特権だと思う。 一社会で相手に委ねてる人は、きしょくてきしょくて。

記事を読む

NO IMAGE

強制力と自律

少なからず人間は強制力によって、生きている。学校や会社やバイトや部活。やらなければいけない。いかなければならない。稼がなくてはならない。 しなければならないものが人間を動かしている。 強制力ってのは、精神論ににている。要は根性があればそれなりに誰でも出来るものだ。逆も然り、根性も強い強制力があれば乗り切れる。 「生きる」という 人間本来の強制力が招いた結果で僕たちは生きている。 ここで強制力に疑問を抱く人が出るのも当たり前で。なんで頑張らなくちゃいけないんだろう??なんで嫌な事をしなくち...

記事を読む

NO IMAGE

理由の捏造

一度理由をつけてしまうと、それに引っぱられることが多々ある。 本当は違っても自分を納得させるために、良い理由、かっこいい理由が思いつくと、その理由をつかってみる。 そういった「理由の捏造」が過去を彩っていく。 それをしっかり受け止めれるか、それを嘘だと認めれるかが、「変わらない」という成長だと思う。

記事を読む

分相応

分相応

分相応って大事だよ!自分キャラとか立ち位置が分かってないと、分かったフリも分かってないフリも出来ない。ワザとらしくなる。 分を弁えること。こんな画像の図書館を作れる分は凄いね。

記事を読む

NO IMAGE

タイムリーに型破り

昨日きんせいラーメンにいった。 背脂ブラックという限定メニューが店頭に掲げてあった。入って注文した。 そちらのメニューは22時からですと店員は言う。いま19時。そのメニューがあるから入ったのに残念だ。 仕方なく味噌ラーメンを頼むと、店長が、背脂ブラック特別に作りましょーか??と言い、僕は、はいと応えた。 帰りしなに店長にありがとう。また来ます。と言った。 一時の損より一生の得が商売の基本である。一時の損は型破りであり、会社で型破りをするには、稟議書をかかなくてはならない。 タイムリー...

記事を読む

NO IMAGE

常連さん

カフェコマチのランチ。野菜たっぷりで栄養もとれてとても美味しかったです。茨木のとても良いカフェです。 ただ、常連さんと店員さんの話し声がうるさく、こちら側の配慮がなく、残念でした。 常連さんを作らないといけないが、仲良くし過ぎるといけない距離感の問題。 この距離感をミスるとどんどん見えなくなる。バランスが崩れていく。 常に俯瞰的に空間を観ることが大切。自分のカフェにいるお客様の顔色一つ一つが見えないといけない。

記事を読む

NO IMAGE

無知は偏見を生む

今日は韓国人の女性2人に道を聞かれました。安藤忠雄の光の教会に行きたいと英語で言いました。 かろうじて聴こえたので、バス停まで連れて行くと、笑顔で御礼を言い、カムサハムニダありがとうかなんとか言ってました。 韓国人のことを嫌ってる日本人。日本人のことを嫌ってる韓国人。 単純に何がどう嫌いなんでしょうか? 留学に行った時、シャイなベネズエラ人と一緒に過ごしました。南米でもシャイな人いるんだ。と当たり前のことにビックリしたのを覚えてます。 人対人です。 無知は偏見を生む。

記事を読む

NO IMAGE

色を入れると文学的になるんじゃないか?

青い梅雨が明け、徐々に赤みを増してくるこの季節。街はぼんやりとコントラストがなくなり蜃気楼が橙にみえる。 僕は灰色の社会から帰り、食卓を見ると軽やかに響く白の気泡。黄色と白のはっきりしたコントラスト。 ありがとう。頂きます! 小学校のころ、擬音語を多用した作文を先生に褒められた。 日本語を褒めてあげるっていうのが文学の成長に繋がる。 恥ずかしがらず、面白い日本語を表現しよう。そして、それを褒めよう。

記事を読む

NO IMAGE

優しさの崩壊

Aはプロジェクトを任され張り切った。 自分の得意分野の仕事だったし、自分が適任だと考えた。Aは体育会系で人を動かし、スタッフにとことんやらせた。 Bは違う部署の第三者。 BはAのセンスが気に入らなかった。このプロジェクトださいなぁと考えていた。ただ自分の仕事でないし、口を出す権利はないし、Aを人間的に好いていた。 CはAを選任したトップだ。 CはBに出会い、Aのプロジェクト客観的にどう思う?とBに聴いた。 Bは個人的にとてもダサいです。と答えた。Cは同調した。確認作業だったのだろう。 C...

記事を読む

NO IMAGE

サードプレイスの創造

スタバ回転率と居心地の矛盾 ↑面白い記事でした!当たり前の事なんだけど根が深い問題。 回転率と居心地の良さの矛盾。 海外はテイクアウト客が多いので成り立っているというのも納得しました。 日本はスタバにいる私みてーという自己顕示欲の塊みたいな客層も多く、それがステータスかのように、マックをひろげたりしています。 コーヒーを提供するのか? 場所を提供するのか? 梅田で買い物などをしていたら、とりあえず座れる場所としてカフェに出向く。 このニーズは『場所』 クソ暑いのでアイコーが飲みた...

記事を読む

1 2 3 4 5 7