観光レポート 一覧

うあそん

うあそん

プラハのスタバにて名前を聴かれ、『ヤスとマキです』と答えた結果、 『うあそん』と『まき』と書いてくれました。 名前なんて海外では記号のようなもの。オーストラリアに留学してる時、韓国人が自分のことを『ブラック』と名乗っていたのを思い出します。 プラハのうあそん。オーストラリアのブラック。存在しない存在が物語を生む。

記事を読む

中国出張part6青島編

中国出張part6青島編

イボウという中国の田舎がグレーの世界だった分、青島という街はエメラルドブルーだ。それぐらいに見える景色が一変した。 中国国内の貧富の差がこれほどまでとは思わなかった汗 イボウの金持ちが青島の庶民ぐらいだろう。大阪の比じゃないぐらい青島は都会だ。 ドイツ人の開拓者によって作られた街は良い意味で中洋折衷で、去年行ったプラハの街を思い出させました。 この歴史地区を挟んで西と東があり、西が昔開発された地区、東が最近の開発区になっている。トレンドは東なのでどんどん西の企業が東...

記事を読む

中国出張part5展示会編

中国出張part5展示会編

とにかく規模がデカイ。造作物から人から金まで何でもデカイ。たった三日間の展示会のために作ったとは思えないクオリティのものばかりで、日本からはNEC、住友、ロッテ、当社の横のブースにはいとちゅうがあり、無名の中小企業が何てとこに来てしまったんだろうか。 市を上げて警官隊総動員の中、厳重に開催された。周りは警官ばかり。共産主義のルール決めは徹底だ。ちょっとの含みもこの国には無い。 展示会自体は成功と言って良いだろう。中国人のニーズを把握できたこと。色や素材、形態の好みを生で実感できた...

記事を読む

中国出張part4VIP待遇編

中国出張part4VIP待遇編

格差社会がモロに出てる社会だと実感します。浜ちゃんの格付けの番組が最たる例で、一流は一流の料理接客控え室があり、二流三流とは部屋分けされている。 日本でもそりゃある光景だが、中国は露骨。カイジの漫画にでてくるような富豪の集まりが下卑を使って賭けるみたいなのがあってもオカシくない。 そして三流の僕が社長のコネで一流の接待を受けることになる。 まず出てくるのがナマコ丸々。裏を見てはいけない。白酎という32度の酒が一気にこみ上げる。目をつぶり食べるとまぁ食える。 そしてすっ...

記事を読む

中国出張part3タクシー編

中国出張part3タクシー編

手を挙げると、対向車線からでも容赦なく来てくれる。 そしてトランクを入れたいというと、後ろを開けてくれるのだが閉まらない。すると開けたままでOKだと言って走り出す。 乗り込んで行き先を伝えるとみんな決まって上に付いてる取っ手を握る。 信号無視、逆走、歩道走り、何でもありのマリオカートの世界はいかにずっと走り続けるかが勝負のようだ。 ただ夜のタクシーはなお怖い。なぜなら電動自転車が無点灯だからだ。音もなく光もなく車道を走る彼等が突如目の前に現れる。減速もなくハンドル捌きのみ...

記事を読む

中国出張part2食べ物

中国出張part2食べ物

中国にも良い人がいっぱいいる。とても親切で優しい人がいっぱいいる。噂や世評でなく、やはり人と人。何の問題もない。誠実に向き合えばみんな良い人だ 中国の屋台は最高だ。五人で飲んで食べて腹一杯になって、1人600円。 ザリガニも初めて食った。 蛾の幼虫、蝉も初めて食った。ゲテモノ扱いしてたが、美味い!とくにザリガニは美味だ!一瞬で平らげた。 特にザリガニの脳みそはうまかった。人と人の話と同じ。偏見なしで文化と付き合うと、その文化が好きになる。 まとめ...

記事を読む

中国出張part1青島からイボウへ

中国出張part1青島からイボウへ

晴天の青島はPM2.5が舞い、青空を遮断していた。 イボウまで2時間の高速道路移動。韓国、タイも運転が荒かったが、中国はさらにえぐかった。まず 中国人たちの必須アイテム電動自転車が道路を好き勝手に横断する。原チャでもなく、自転車でもない、動く自転車。音もなく急に出てくるので、恐怖です。 クラクションも誰かが鳴らすと誰かが鳴らす。9時現在でもクラクションの音が鳴っている。 車線という概念もなく、リアルマリオカート状態。隙間があれば入ってくる。順番という概念もないのだろう。...

記事を読む

NO IMAGE

中国に大量データを送る方法

中国に商品を送る手段として、OCSを初めて使いました。あんま良く知らないが、全日空の航空会社がやってる国際宅急便という認識で良いんでしょうか。。 面倒くさかったですが、一日で現地に到着したようです。 イラストレーターのデータを中国の施工業者とやりとりするために、色々調べたのですが、このサイト良いです!↓ おくりん坊 共産主義の中国はファイアーストレージも宅ファイルも規制かかって送れない。 でも何故かおくりん坊は送れる。この差はなんなのか分かりませんが大変助かりました。重宝します。

記事を読む

NO IMAGE

茨木フェスティバル2015

年々、面白い企画を考え続ける茨木フェスティバル! 特に茨木おもしろ選手権「ボルケーノ」はずっと続けていってほしいものです。あのR1にでたゆりやんレトリバーもこのボルケーノで賞をとってから跳ねたと言って良いでしょう笑 他にも、唄、踊り、演奏、食、力、などのコンテストを開かれる! これをして、優勝者にはさらに市でバックアップして、世にだすプロモーションをしてあげれば、 茨木市に住みたいというアーティストたちも増えて、さらに市が豊かに面白くなるでしょう。 企画から...

記事を読む

NO IMAGE

塩釜の冷泉

蒜山高原にあるめちゃくちゃ冷たくて綺麗な冷泉です。 水がふつふつ湧いてでてきてるのが見えて、神秘的でした。 持ち出し禁止と書いてましたが、近くのカフェで源泉使用と書いておりました。 水が美味しいって、良いよね!

記事を読む

1 2 3